勝沼フルーツ ぶどうの樹

運営会社情報プライバシーポリシーサイトマップ
トップページ 勝沼ぶどうの歴史 商品一覧 お買物の流れ 配送について お問合せ
ぶどう日記
勝沼醸造株式会社 日本一の甲州ワイン

勝沼ぶどうの歴史

ぶどうの歴史

甲州ぶどうは、古くから上岩崎、下岩崎及び勝沼を中心に栽培され、特にその植物的性格から適地がごく一部に限られた自然条件にあった。たまたま本町が最適地という自然条件に恵まれ、古い伝統の中から今日の隆 盛を見るに至った。
特に甲州ぶどうが商品として取引されるようになったのは、江戸時代五街道が開け甲州街道もその中の一つとして江戸から諏訪まで39宿が決定され、勝沼宿もその中に含まれていた。
荻生徂徠は峡中紀行の中で「勝沼の宿は人家多く繁昌なるところ甲州街道で第一番地、甲州葡萄は此国の名物なり」と記し、勝沼宿も珍果ぶどうの里として江戸へも知れ渡ったのであった。
また、芭蕉が甲斐へ入国し、勝沼宿を通った際つくったうた「勝沼や馬子もぶどうを食いながら」は当時の甲州市勝沼の情景を良くあらわしている。
こうした古い歴史をもつ甲州ぶどうについては、その起源が未だはっきりしておらず現在この地域には、甲州ぶどう発生の伝説が二つある。

雨宮勘解由伝説

文治2年(1186年)上岩崎の住人、雨宮勘解由は付近の山「城の平」で行われる石尊祭へ(毎年3月27日)例年のように村人と一緒に参列するため山道にかかった。ところが偶然にもその路傍に、一種のつる性の植物を発見した。これは未だかつて見たことのない植物であり、一緒にいた村人にも相談してこれを自園に栽培することにした。
それから5年の春夏を経て、そのつるは繁茂し、ついに建久元年(年)の5月に初めて30余の房が結実した。勘解由は、この珍しい果実に自らが驚き、栽培の努力の賜と思いその年の秋の実りに期待したのだった。
そして8月下旬にその果実はことごとく熟し、色は朱紫のように、味はきわめて甘美であったので、勘解由はこの果実の繁殖方法を研究し、同8年ようやく13株となった。
この年、鎌倉右大将源頼朝が長野の善光寺に参詣の際、そのぶどうを三箇ご献上した。
その後、子孫の雨宮織 部正は領主武田信玄へぶどうを献上し、非常にその美味をほめられ太刀を賜わったといわれている。

大善寺説

いまから1270年前元正天皇の養老2年(718年)に僧行基が西方よりこの甲州市勝沼の地へやってきました。そして甲州市勝沼町勝沼地区と岩崎地区の間を流れる日川に沿って柏尾に至り、たまたま川岸にそびえたつ大岩石の上に静座して祈願を続けたところ、21日目に忽然と薬師如来が霊夢となってこの岩上に現われた。
しかもこの薬師如来の御姿は金色にさん然と輝き、右手にぶどうを持ち、左手に宝印を持つという普通の薬師如来の御姿とは違ったものであった。
そこで行基は早速この霊感に従って、この地に一寺を建立することを思い立ち、付近の山に登りケヤキの大樹を切って薬師如来の御姿を刻んで安置し、奉った。
この寺が柏尾大善寺である。
そして、伝教の法典の党禅鈔第一薬師法十九薬師像の中に「呼迦陀野軌言薬師仏座宝蓮花座、其形金色為相也、左手取宝印置花膝上、右手取葡萄、葡萄諸病忽除之宝薬也」とあり大善寺の葡萄伝説は、この覚禅鈔によるともいわれている。
トップ勝沼ぶどうの歴史商品一覧お買物の流れ配送について運営会社情報プライバシーポリシーサイトマップお問合せ
Copyright 2009 Saegusa-Farm このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は三枝農園またはその情報提供者に帰属します。